ごそごそ食器棚の引出しをいじっていたら、奥から2016年にフランスに行ったときに購入したアンティークのシルバースプーンとフォークが出てきた。

(ずっと忘れさられていたので変色もひどい。↓磨く前 ↑軽く磨いた後。笑)

磨く前のカトラリー

クリニャンクールの骨董市場で、選びに選び抜いた、銀細工の模様が気に入って購入したものだ。

1890年頃のもの、と女性店主は言ってたっけな、ほんとかな。

これでバングルを作りたいと思って購入したのだけど、すっかり忘れてしまっていた。

二十歳頃にラフォーレ原宿で、そういったシルバーカトラリーで作ったジュエリーをみて、「フォークが丸まっただけのバングル!カッコイイ!」と感動したことを思い出し、作ってみようとカトラリーを買ったのだ。

このフォークやスプーンはかなり大きいので、そのまま丸めてバングル、というのは難しそうだし、せっかく作るなら何か石とあわせて考えても良いかも、などと、ちょっと楽しい気分になってきた。

いい具合に余白がある細工なので、メッセージなんかも入れられる。

デザイン違いで2セット、4本あるので色々アレンジ変えても楽しいよね。

当時の貴族か富裕層のカトラリーだから、家紋のような飾り文字のイニシャルも入っていて素敵、当時の人たちはこれでどんなお料理を食べていたのだろう。笑

裏面に飾り文字で gs と入っている。

裏側も同じように模様が飾り付けられている、贅沢!

製造会社の刻印も入っていて調べると、1810年創業のフランスの銀細工メーカーBOULENGER ブーランジェ社 のもの。

他にも84の刻印が。

店主が言っていたことも本当かもしれない。 いろいろな物語や想像がひろがってきてワクワクしている♪

なによりも、これがバングルになれば、私とっては2016年当時のドキドキしながらクリニャンクールを歩いた旅の思い出やその時出逢った人たちが思い出されて、自然と笑顔になる。

それを身に着けられると思うと、本当に嬉しい♪ 頑張ってつくろ♪

今頃ひょっこり出てくるのも何かのタイミング。

来年の春?夏頃には、このバングルをつけて、またパリに行こう♪